がん免疫治療:NKT細胞標的治療

NKT細胞標的治療について

がんに対する標準的治療法には、根治を⽬的にした摘出⼿術、抗がん剤による化学療法、放射線療法があり、がんの部位と種類、進⾏度、転移の有無などを検討し、各治療法が検討・実施されます。しかし、最近第4の選択肢として、免疫療法が注⽬されるようになってきました。

免疫療法は、本来からだが持っているがん細胞を殺し除去しようとする免疫の働きを利⽤して、がんを治療する試みです。免疫は感染症やがんから体を守る能⼒のことです。

このような免疫療法には、ワクチン療法、サイトカイン療法、抗体療法、樹状細胞療法、活性化リンパ球療法など多くのものが知られていますが、これらの治療法の中で、最も新しく発⾒されたがん免疫療法が、NKT細胞標的治療であります。NKT細胞標的治療は、⾃⾝のリンパ球を刺激して⽤いる活性化リンパ球療法の⼀つです。

NKT細胞は、NK細胞、T細胞、B細胞などの免疫細胞に対して、最も新しく発⾒された免疫細胞です。NKT細胞は、NK細胞とT細胞の特徴を併せ持ち、極めて強い抗がん効果を持っています。

◆ NKT細胞標的治療のポイント
1. 事前の⼿術で腫瘍サンプルを取る必要がありません。
2. ほとんどの種類の腫瘍を対象として治療できます。
3. NKT細胞は放射線に強いため、放射線治療をしている場合でも有効に作⽤します。
4. ⽇帰りの通院で治療が実施可能です。
5. 点滴投与で治療が可能です。
6. 初回投与から早期に体調改善が得られる場合が多くみられます。
7. 臨床試験によって、効果を⽰す科学的な結果が得られています。
8. 培養した細胞は、凍結保存が可能です。
9. 凍結保存することにより、投与スケジュールを都合に合わせ調節することも可能です。

◆NKT細胞(ナチュラルキラーT細胞)とは
T細胞、B細胞、NK細胞に続く第4のリンパ球です。
これまでがんに作⽤する免疫系として、NK細胞やT細胞が知られ、これらをターゲットにした免疫療法が⾏われています。
NKT細胞は、NK細胞とT細胞の特徴を併せ持つ性質があることから、この名前が得られました。強⼒な免疫反応増強作⽤を有し、がん細胞を直接的に殺す働きとIFN-γ産⽣により、免疫系を活性化することにより、間接的にも抗腫瘍効果を発揮します。

・1986年 NKT細胞が発⾒される
・1997年 NKT細胞リガンド糖脂質(免疫機能活性物質)が発⾒される
・2000年 NKT細胞によるアジュバント作⽤が発⾒される(下図)

◆NKT細胞標的治療の利点
1. ⾃然免疫系*1と獲得免疫系*2を同時に活性化することにより、常に存在する2種類の「がん細胞」、つまり①「MHC*3クラス1を発現しているがん細胞」、②「MHCの発現していないがん細胞」を同時に攻撃できます。
2. したがって、ほぼ全ての患者様、ほぼ全てのがんに対して治療可能です。
3. 患者様⾃⾝の体内に存在する免疫細胞を活性化するので、副作⽤がほとんどない。

*1:細菌やウィルスなど病原体が体内に侵⼊した際、最初に対応する防衛機構です。好中球、マクロファージ、樹状細胞、NK細胞、NKT細胞が免疫担当細胞として活躍します。
*2:感染した病原体を特異的に⾒分け、それを記憶することで、同じ病原体に出会った時に効果的に病原体を排除できる仕組みです。T細胞やB細胞が免疫担当細胞として活躍します。
*3:MHC:Major Histocompatibility complex(主要組織適合抗原遺伝⼦複合体)免疫反応において、⾃分と他⼈の識別に関与する遺伝⼦群です。

◆NKT細胞標的治療の費用
NKT細胞標的治療は厚生労働省の認可に基づき行われる再生医療です。保険診療の適応外ですので、全額自費負担となります。詳しくは当院までお問い合わせください。

RIKNKT チラシ2020_東京シーサイドクリニック
FACEBOOK